ニュース・イベント

ニュース

Ferrari 488 Spider 最高のオープンドライブをもたらすパフォーマンスと快適なドライビング性能 フランクフルト・モーターショーで正式公開予定


Ferrari-488_Spider_00

優れた性能とリラックス・ドライビングによって広がる
「ドロップトップの愉しさ」

究極の性能と爽快なドロップトップ・ドライビングの愉しみ:それを実現したのが、新型 Ferrari 488 Spiderです。プランシング・ホース(跳ね馬)・レンジに加わったこの最新モデルは、Ferrari 488 GTBのミッド・リアV8ターボの卓越した能力と、ダイレクトに耳に届く極上のエンジン・サウンドトラックによって増幅されるオープンエアー・ドライブのスリルを兼ね備えています。

新色Blu Corsaを纏った488 Spiderは、市場で最も先進的な技術によって実現したリトラクタブル・ハードトップを備えています。フェラーリは、世界で初めてミッド・リア・エンジン車輌の設計基本概念にRHTを導入したブランドです。これまでのソフトトップよりも、はるかに軽量(-25 kg)な構造、そしてノイズと風に対する優れた保護性能を提供するこのソリューションは、すでにマラネッロで製造される、高性能かつ先進技術を誇るフェラーリ・スパイダー必須のアイテムとなっています。

エンジン

エンジン・フードの下には、わずか数ヶ月前に488 GTBに搭載してデビューしたばかりの3,902ccターボチャージドV8が小気味よいビートを刻みます。最高出力670cv、最大トルク760Nm/ 3,000rpmという性能レベルは、驚異的です。この性能によって488 Spiderは、0-100km/h加速ジャスト3秒、0-200km/h加速8.7秒という俊足を獲得しました。また、先代の自然吸気V8 よりも100cv 出力を向上させながら、CO2排出量は、より低く抑えています。

ターボV8の特性もユニークです。全回転域で出力レベルを向上させたほか、スロットル応答時間をわずか0.8秒とし、ターボ特有のタイムラグも完全に解消させました。

このモデルは、Ferrariの伝統に従い、際立つ特有のサウンドトラックを備えています。エンジンの回転数の上昇に合わせて音量と明瞭さを増し、パフォーマンス・フィールを増幅させます。そのサウンドは魅力的です。ドロップトップ・ドライビングではその魅力をダイレクトに感じ、愉しんでいただけます。

エアロダイナミクス

このモデルは、フェラーリ史上、最も優れたエアロダイナミクス効率を誇るSpiderで す。マラネッロのエンジニアは、最適なダウンフォースとドラッグ低減という、通常ではお互い相容れないそれぞれの目的の同時達成を、ブロウン・スポイラー およびボーテックス・ジェネレーターを組み込んだ、エアロダイナミック・アンダーボディーなど、数々の革新的な技術によって実現させました。

気流に関する研究はまた、キャビンの快適性に関連する分野を進化させました。3段階に調整可能な電動ガラス・リア・ウインドストップがオープントップ・ドライビングでのキャビンへの乱流の入流を制御します。

シャシー

リトラクタブルハードトップ・コンセプトを中心に設計した488 Spider のスペースフレームには、各部位の特別な利用条件を全て満たすために、マグネシウムなどの非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金が使われています。その結果、スパイダーながらクーペ・バージョンと同等のねじり剛性とビーム剛性を獲得しました。

RHTは、2分割されたセクションが重なりながらスムーズに折り畳まれ、エンジンと同じ高さに格納されます。コンパクトなこのトップの開閉に要する時間は、わずか14秒です。

美しさを通じて、このプロジェクトの技術的卓越性を表現するために、すべてのディテールは、綿密にデザインされ、彫刻的に仕上げられました:エンジンカバーに最適な気流を送るフライングバットレスをはじめ、エンジンカバー上のリブ、スクラプテッド・メッシュグリルを備えたエアインテイクなど、ボディのそれぞれの領域に見事な躍動感を与えています。この実現に、フェラーリ・スタイリングセンターは、Ferrari 488 GTBで達成したエレガンスの再構築を図っています。

ダイナミクス

F1チームが利用しているものと同じ高性能なシミュレーターを導入したことにより、488の最初のプロトタイプが実際に組み立てられるはるか前に、エンジニアはテストドライバーからフィードバックを即座に得られ、また、反対に与えることができるようになりました。

電子システムは、SSC2サイドスリップ・アングルコントロール・システムと完全に一体化し、コーナー脱出加速は458 Spider比で12%向上させました。

総合的には、快適性を全く犠牲にすることなく、レスポンスタイムを先代のSpider よりも9%短縮させました。デザインは、Spiderのドライビングとその利用における代表的な要求を効率的に満たすことを目的に進められました。Spiderのダイナミック特性は、難易度の高いルートにおいても優れたドライバビリティを提供することです。極めて難しいルートでも完璧なハンドリングが得られるため、限界域でのドライビングがよりリラックスしてできるようになりました。

※詳しくはNicole Competizione フェラーリ 横浜 ショールーム(フリーダイヤル 0120-458-250)までお問い合わせください。

 

 

技術諸元

エンジン

形式 V8 – 90°ターボ ドライサンプ
総排気量 3,902 cm3
最高出力 * 492 kW (670 CV) at 8000 rpm
最大トルク * 760 Nm at 3000 rpm in VII gear
比出力 172 cv/L (2,07 kW/cu in)
最高回転数 8000 rpm
圧縮比 9.4:1

* オクタン価98(RON)燃料にて

サイズ & 重量

全長 4568 mm
全幅 1952 mm
全高 1213 mm
ホイールベース 2650 mm
フロント・トレッド 1679 mm
リア・トレッド 1647 mm
空車重量 1525 kg
乾燥重量 1420 kg
重量配分 41.5% フロント:58.5% リア
トランク容量 230 リットル
リア・ベンチ容量 58 リットル

トランスミッション &ギアボックス

7 速F1 デュアルクラッチ・トランスミッション

パフォーマンス

最高速度 325 km/h
0-100 km/h 3.0 秒
0-200 km/h 8.7 秒
0-400 m 10.55 秒
0-1000 m 18.9 秒