スタッフ・ブログ

スタッフ・ブログ

在庫車情報 F430<2008年式>

皆様、こんにちわ☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

先日ご紹介いたしました在庫車 F430 です!

詳細情報を掲載したので コチラ もご覧ください 。

 

01

▲2008年式の F430、外装色 Bianco Avus / 内装色 Cuoio のお車です。

 

 

07

Cuoio(クオイオ) のデイトナシートに Rosso(ロッソ) のレザーストライプとスペシャルステッチが

アクセントになっていて、とてもお洒落で暖かみののある雰囲気です☆

 

 

06

ダッシュボードは Nero(ネロ)に Rosso(ロッソ)のステッチで縁どられて

キレイにまとまっております。

 

 

03

カーボン・セラミック・ブレーキシステム着用

Giallo Modena(ジアッロ・モデナ)のキャリパーが目立ちます!

 

 

05

カーボン・リア・セグメント装着で、スポーティらしさが強調されますね♪

 

人気のカラーコディネートのF430です!!

是非実車をご覧ください☆

 

 

詳細は コチラ をご覧になるか

フェラーリ 横浜 認定中古車ショールーム(フリーダイヤル:0120-348-250)までお問い合わせください。

 

 

04

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

Ferrari 2016 F1 Engine Sound

カテゴリー:2016 F1


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

Scuderia Ferrari は、2016年F1マシンのエンジン音を公開いたしました。

 

迫力のエンジンサウンドです♪

 

2016年F1マシン のお披露目が待ち遠しいです☆

 

 

01

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

フェラーリ・レーシング・ディズ 鈴鹿2016 締め切り迫る

カテゴリー:Event|イベント


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

さて、2016年3月5日(土)・6日(日)の2日間に鈴鹿で開催される

「フェラーリ・レーシング・ディズ 鈴鹿2016」ですが、

お申込み締切日が迫ってまいりました!!

 

 ■□お申込み締切:2016年2月18日(木)□■

 

参加ご希望の方はお早めにお申し込みください☆

 

01

OWNER PASS

OWNER PASSご利用で、日本初披露のFXX K や「Ferrari Challenge」、

F1マシーンの走行などの観戦はもちろん、オーナー様専用VIPラウンジで、

オーナー様同士の交流やホスピタリティー溢れるひと時をお過ごしいただけます☆

 

 

02

参加必須条件など詳細につきましては コチラ をご覧いただくか、

フェラーリ 横浜 ショールーム(0120-348-250)または、

フェラーリ 横浜 認定中古車ショールーム(0120-348-250)までお問い合わせください。

 

 

03

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

在庫車情報 F430<2008年式>

皆様、こんにちわ☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

在庫車 F430 が入庫いたしました!

 

02

▲2008年式の F430、外装色 Bianco Avus / 内装色 Cuoio のお車です。

 

 

詳細は近々ブログとHPにアップいたしますのでお楽しみに☆

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

NARDI(ナルディ)/ MOMO(モモ)

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

前回のブログでナルディというステアリングホイールのメーカーのお話をいたしましたが、

本日はその続きをしたいと思います☆

 

フェラーリのステアリングホイールの歴史には大きな影響を残した人物が二人います。

 

08

エンリコ・ナルディ(ENLICO NARDI)

1930年代末のスクーディア・フェラーリの設立初期からエンツォの協力者で、

テストドライバーの一人でもありました。

世界の高級車とレーシングカー向けの美しい木製のステアリングホイールを製造する

NARDI(ナルディ)は、イタリアに本社を置く老舗ステアリングメーカーです。

 

完璧なバランスと生粋のエレガンスが漂うナルディのステアリングホイールは、

いまなおイタリアの職人による優れた手工業品の象徴です。

 

他にもシフトノブなども製造しており、船舶用のステアリングも販売しているようです。

 

 

09

ジャンピエロ・モレッティ(Gianpiero Moretti

イタリアのMOMO(モモ)社創業者であり、レーシングドライバーとして

スポーツカーレースへの参戦を続けたモレッティは、アメリカを中心に活躍しました。

名前の由来は、モレッティ・モンツァの略だそうです。

ステアリングをはじめ、ヘルメット、アルミホイールなどを製作する会社へと進化を遂げました。

 

グリップがより分厚く小径のレース用ステアリングホイールは

ドライバーにダイレクトな操作感覚を提供することでます。

日本の自動車メーカーにも採用の実績がある信頼のブランドであり、

「モモステ」なんて愛称で親しまれていますね☆

 

 

10

ナルディとモモの違い・・

両ブランド共に歴史的にも品質的にも高く評価されております。

個人的には、クラシックカーに似合う、ファッショナブルなデザインで、

きわめてハイレベルな職人であり続けたナルディとは対照的に、

工業的産業に移行し合金製ホイールで、製品のラインナップを広げてきたモモは、

どちらかというとレースシーンで使う、機能性を重視したデザインを感じ取れます。

 

どちらのブランドもメーカーとしてのプライドが感じられとても興味深いです☆

 

 

11

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

新型 「Ferrari GTC4 Lusso(フェラーリ GTC4 ルッソ)」発表

カテゴリー:Ferrari GTC4 Lis


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

 

フェラーリは、2011年に発表した「FF」の後継モデルとなる
新型「Ferrari GTC4 Lusso(フェラーリ GTC4 ルッソ)」を
ジュネーブモーターショーに先駆け正式発表いたしました。

 

01

革新、多様性、性能、軽快さ、優雅さ、その全ての言葉が
「Ferrari GTC4 Lusso(フェラーリ GTC4 ルッソ)」の中でシームレスに融合し、
これまでにない全く新しい世界を創造しました。
パワフルでありながら洗練さを備え、軽快でありながらラグジュアリー。

 

 

02

フェラーリの新型12気筒モデルは、
ソロ・ドライブでもフルに4名が乗車してのドライビングでも、
新たにフェラーリ・ラインナップに加わった
「Ferrari GTC4 Lusso(フェラーリ GTC4 ルッソ)」は、
搭乗した全ての方々をこれまでにない新しい世界へと誘います。

 

 

03

四輪操舵システムと四輪駆動との組み合わせで
極端なロー・グリップ・コンディションであっても、
それを物ともしないスポーティーなパフォーマンスを発揮します。

 

 

04

搭載されているエンジンは、
6.2リットルV12エンジンで、最高出力は690PS/8000rpm、
最大トルクは697Nm/5750rpm
アクセルを踏み込めば圧倒的なパワーを発揮するとともに、
低回転域での走行でも鋭いレスポンスを発揮します。

 

 

06

高品質な素材を使い、エレガントな空間が実現されています。

FFに続き4シーターのラグジュアリーなモデルになっております。

 

 

08

スポーツドライビングでは豊かでパワフルなサウンドを
市街地でのクルージングでは心地よいエグゾーストサウンドを奏でます。

 

「Ferrari GTC4 Lusso(フェラーリ GTC4 ルッソ)」の詳細は
3月のジュネーブモーターショー以降に明らかになっていくものと思われます。

 

 

09

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

フェラーリ ステアリングホイール

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

フェラーリのステアリングホイールの機能は技術革新とともに変化してきました。

 

操作の快適さはもちろんのこと、高級車とスポーツカーにおいては、特に美的機能が重視されます。

多機能で美しく、デザインに優れたステアリングホイールを求められるようになっていきました。

 

01

こちらはイタリアの職人芸の逸品とも呼ぶべき、初期の木製ステアリングホイールです。

ナルディのステアリングホイールに見る優雅で洗練されたデザインです。

外枠は高級木材が使用されております。

 

ナルディとはイタリアに本社を置く老舗ステアリングメーカーです。

こちらに関しては後日ということで☆

 

 

02

そして木製からまもなく、外側は旧来の木材で覆われてはおりますが

芯は金属製の製品へと変化し、化学素材が用いられるようになりました。

 

 

04

そしてこちらが F430 から大きく変化したステアリングホイールです。

 

F1からフィードバックされた技術を使用し、

ステアリングホイールの左下にスタートボタン、

右下には走行モード切り替えスイッチ「マネッティーノ」があり、

裏側には2本のパドルが備わっております。

 

 

05

こちらは、かなりスクエアなデザインに変化した La Ferrarri のステアリングホイールです。

両サイドのグリップは非常に高剛性なつくりになっております。

La Ferrarri  のステアリングホイールは以前までのマシンと比べると

サイズが小さく超軽量で、複雑の操作ボタン類と、多機能な操作ボタン類と、

おもなセッティング用の「マネッティーノ」が複数配置されております。

 

 

06

F1マシンのステアリングは、ますます狭くなっていくコクピット内部のスペースの問題から、

ステアリングのフォルムを変え、以前よりもずっと角張っていて、

外枠の上部と下部がないデザインです。

内側にはマシンの高性能を活かすためにより正確で機能的な運転を可能とする

操作ボタン類が数多搭載されるようになっていきました。

 

進化し続けるフェラーリのステアリングです☆

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ・クラシケ

カテゴリー:Event|イベント


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

「フェラーリ・クラシケ」とは、フェラーリのクラシック・カーに対する

レストア、メンテナンス、技術的なアシスト、そして鑑定書を発行する目的で

2006年7月から始まりました。

 

01

オフィスとワークショップは、マラネッロの敷地内にある旧鋳造ラインの建物内に設置、

広さは950平方メートルを誇る広大な敷地内にあります。

 

 

製造されてから20年以上経過したロードカーと歴代のF1マシンもクラシケ認定の対象となり、

この鑑定書の発行には、車両をマラネロ本社のフェラーリ・クラシケ部門か、

フェラーリ正規サービスセンターに持ち込み、入念な審査を受ける必要があります。

鑑定団「COCER」と呼ばれるエキスパートグループが車両の技術的特徴などを吟味します。

鑑定書発行のプロセスではこの技術的な審査がもっとも重要なポイントとなります。

 

 

05

車両のあらゆる部分が完全に機能しているか、シャシー、エンジン、ギアボックス、

トランスミッション、サスペンション、ブレーキ、ボディ、内装がオリジナルであるか、

オリジナルスペックに準拠しているかどうかが明らかになるのです。

 

 

02

また、オリジナル・パーツ製作時に使用したものとまったく同じ金型で

活用可能な鋳造施設を所有しています。

これにより、この部門の専門家チームは、どんなフェラーリ車両でも

新品同様のオリジナル・コンディションに仕上げます。

 

 

06

フェラーリ・オーナにとっても、これからはクラシケ認定書は欠かせなくなるでしょう☆

 

 

クラシケ認定申請の詳細やお申込み方法は、

フェラーリ 横浜 サービス・センター(045-948-2030)または、

フェラーリ 横浜 認定中古車ショールーム(フリーダイヤル:0120-348-250)までお問い合わせください。

 

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

La Ferrari キット- Part 17

カテゴリー:La Ferrari キット


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

La Ferrari キット-Part 17 をお届けします~♪

 

今回のパーツは・・・・・・

01

75)右フロントタイヤ

 

のみです Σ(゚口゚;

 

このような事が時々ございます・・

 

 

02

なにも出来ないので前回の残りのパーツをコックピットベースに取り付けます  笑

 

・運転席フロアマット

・助手席フロアマット

・USBプラグサイドプレート

・シートベルトバックル

・コントロールレバー

 

 

03

差し込む穴が小さすぎて入らなかったので(よくあります 笑)

ココはやはり器用なメカニックの〝I さん〟にお願いして削ってもらいました!

取り付けに苦戦することが多々あるので、

その時はスタッフに協力してもらい組み立ててもらいます・・

 

センターコンソールの部分が素敵になりました♡

 

 

04

コンテンツは La Ferrariの特集のほかは

「日曜日と月曜日〝ロードユースGTカーとロードゴーイングレーサーたち〟

「860 モンツァ(1956年)」でした!

 

次回もおたのしみに☆

 

 

05

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

Ferrari Store Honolulu (フェラーリ・ストア・ホノルル)

カテゴリー:Ferrari Store


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

Ferrari Store〟シリーズ!

本日はホノルルにある Ferrari Store へのアクセスです♪

 

世界地図

Ferrari Store のある国です!

 

 

Honolulu

ホノルルの Ferrari Store は、

ロイヤル・ハワイアン・センター というショッピングセンター内にあります。

 

【アクセス】

2301 Kalakaua Avenue (Royal Hawaiian Center), Honolulu, HI, 96815, U.S.A.

Tel: 001 808 924 3131

 

東京からホノルル国際空港への飛行時間は往路が約6時間半から7時間強。

復路は約7時間半から8時間強の所要時間です。

 

 

007

ホノルル国際空港からは9マイル(5キロ)ほど東にあります。

 

レンタカーがオススメです!

車(orタクシー)で約25分(交通状況等により)ほどです。

 

タクシーよりもややエコノミーなのが「Express Shuttle」という乗り合いのシャトルバス。

タクシーと同じく中央分離帯に停留所があります。

料金は会社によって違います(要予約)

所要時間:25~55分(交通状況等により変動)

 

 

02

ロイヤル・ハワイアン・センターは、ハワイ州オアフ島のワイキキの中心のカラウア通り沿いにあり、

ワイキキビーチから歩いてすぐ、ワイキキのほとんどの主要ホテルやアクティビティから歩いてすぐの

便利なロケーションにあります。

 

 

▼フェラーリ・ストア

01

ロイヤル・ハワイアン・センターC館、2階建てフラッグショップの店内には、

実物大レプリカのフェラーリF1レースカーがディスプレイされています。

 

小物類やお土産にも喜ばれるアイテムやベビー服・子供服など、

フェラーリ・ファンの親子が楽しめる商品が数多くあります。

 

 

▼ロイヤル・ハワイアン・センター

08

人気ブティックから高級ブランドまで幅広いセクションが揃っています。

その他には、フラ、ウクレレ、レイ・メイキング、ハワイアンキルト、ロミロミマッサージなど、

ハワイならではの文化が楽しめる無料レッスンの開催などもあるようです。

こちらの各レッスンは当日会場で申し込むだけで参加ができ、

プロの講師による丁寧な指導を受けることが出来るようです♪

 

 

06

ゴージャスな「フェラーリ・ストア」を満喫した後は、ハワイの文化にも触れてみては・・♪

ホノルルに行かれた際にはぜひ☆

 

 

Buona giornata

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆