スタッフ・ブログ

スタッフ・ブログ

「愛車見せてください☆」募集しますっ

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

先日のブログで〝F 355 Berlinetta〟という記事を掲載させていただいたところ、

多くの方にご好評いただき、誠にありがとうございました!

 

いつも皆様にブログをご覧いただき、大変嬉しく思っております☆

 

そこで勝手ながら、お客様の愛車を紹介させていただきたく「募集」させていただきます!

車両掲載OKな フェラーリ オーナー様、是非ご協力お願い致します~♪

 

応募方法は簡単です!

わたくしども Nicole Competizione のスタッフにお気軽にお声掛けしてください☆

 

01

写真はご来店頂いた際に、こちらでお撮りさせていただきますが、

お気に入りのショット写真をお持ちであったり、コメントなどご希望もお聞きしたいと思います♪

もちろんご自身でお撮りいただいてもOKです!

 

ご遠方の方も大歓迎です☆

※その際はお写真のデーターを送っていただくようになりますのでご協力お願い致します。

 

お問い合わせはフェラーリ 横浜 認定中古車ショールーム

(フリーダイヤル:0120-348-250)までお気軽にお問い合わせください。

 

   是非是非「愛車見せてください☆」

 

F 355 Berlinetta の記事は コチラ をご覧ください・・

 

02

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ ボディカラー(BLU)

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

カラーバリエーション豊富なフェラーリのボディカラーは、

ソリッド〟〝メタリック〟〝パール〟〝特注カラー〟などと、多数ご用意がございます!

もちろん イタリア語 での表記なので慣れるまで少々大変です・・ 笑

 

本日は、BLU 系のカラーの名前をいくつかご紹介したいと思います!

 

20.-BLU-POZZI

▲BLU-POZZI(ブルー・ポッヅィ)

 

 

21.-BLU-SCOZIA

▲BLU-SCOZIA(ブルー・スコーツィア)

 

 

22.-BLU-ABU-DAHBI

▲BLU-ABU-DAHBI(ブルー・アブ・ダビ)

 

 

23.-BLU-MIRABEAU

▲BLU-MIRABEAU(ブルー・ミラボー)

 

 

24.-AZZURRO-CALIFORNIA

▲AZZURRO-CALIFORNIA(アズーロ・カリフォルニア)

 

 

25.-BLU-SWATERS

▲BLU-SWATERS(ブルー・スワーター)

 

 

26.-BLU-TOUR-DE-FRANCE

▲BLU-TOUR-DE-FRANCE(ブルー・ツール・ド・フランス)

 

 

488spider

▲BLU-CORSA(ブルー・コルサ)

最後は、フランクフルトで発表されたばかりの Ferrari 488 Spider の新色です!

 


 

カタカナ表記は正確ではないのでご了承くださいませ☆

Webで実際の発音を検索して聞いてみたのですがスタッフ皆、なかなか聞き取れず・・笑

スラスラっと言えるようになるとかっこいいですね♪

 

カラーは、実物と画像とではイメージが違うと思いますので雰囲気だけお楽しみください!

私は全てのカラーのフェラーリをまだ見ていないので今後見れることを楽しみにしております♪

 

Ferrari_logo

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ伝統〝星形5本スポーク〟

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

車のサイドビューをスタイリッシュに魅せるアルミホイールには様々なデザインがございます!

基本となるデザインは4種類で・・

 

1.スポークタイプ

ホイールの中央部からリムに向かって、放射状にスポークが伸びたスポーティーなデザインのものです。

 

2.フィンタイプ

スポークタイプの一種で、スポークを細くし、増やしたもので、ラグジュアリー感が出ます。

 

3.メッシュタイプ

網目状のデザインで、網目が細かくなるほど高級感や繊細な印象となり、

粗いメッシュだと力強い印象になります。

 

4.ディッシュタイプ

皿状のデザインです。剛性にすぐれ、空気抵抗は少なくなります。

 

今回はフェラーリ伝統の〝星形の5本スポーク〟に注目したいと思います!

 

330-P4

5本スポークのホイールを履いたフェラーリが初めてお披露目されたのは

1967年、F 330 P4 の発表会のことでした!

その独特なデザインのホイールは1967年以来レーシングカーに採用され、

のちには市販車にも採用されるようになりました。

 

 

365GTB4

こうした市販車の例としては1968年に登場した〝Ferrari 365 GTB4 デイトナ〟です!

 

 

F40

そして1987年には〝F40〟が登場いたしました!

 

 

F50_2

そして1995年に登場した〝F50〟の5本スポークは過去のスペシャルカーとは大きく異なり

スポークの真ん中を削ぎ落とし、キャバリーノ・ランパンテのエンブレムの

センターホイールナットを取り囲む形になっています。

 

 

Enzo

さらに2002年に登場したエンツォの5本スポークはさらにスポークが細くなって、

現在の主流となる5本ダブルスポークのデザインになっています。

 

 

La-Ferrari

そして2013年に登場した〝La Ferrari〟のホイールはかなりすっきりとしたシンプルな印象に変化し、

内部構造のカーボンセラミック製ブレーキローターとキャリパーが良く見えるデザインになりました。

 

増大していくパワーに対処できるほどの高い剛性を持ちながら、

ホイールの軽量化も同時に実現させているのです。

そしてデザインも現代的にアレンジされています。

 

伝統的なスタイルのスポークから現代的なスタイルのスポークと

どれをとっても素晴らしいデザインです☆

 

Ferrari

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

 

 

新車オーダーから納車まで

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

本日は新車のオーダーから納車までの流れについて触れてみたいと思います・・

気になりますよね☆

 

0004

ご契約が成立いたしましたら、コンフィギュレーターを使用してオプション決めをします。

ここでは、ボディ色や内装色、ホイールやブレーキキャリパーのカラー、内装のステッチの色に至るまで、

すべてお客様がセレクトし、色々組み合わせながら、仕様決めを行います。

どんなお車にするかワクワクしちゃいますね♪

 

 

016

フェラーリはモデルによって異なりますが、概ねオーダーしてから1~2ヶ月後の生産枠を確保し、

そこから3ヶ月くらいでプロダクションが完成します。

その後、船便(お急ぎの場合であれば別料金で空輸も承ります!)で日本へ輸入して、

チェック、整備を行うので、オーダーから納車まで6ヶ月から7ヶ月ほどかかります。

フェラーリの在庫はないので、必ずこのプロセスを取ることになります。

 

テーラーメイドや特別カラーなどの特別注文でしたら納車まで1年ほどかかることも!!

 

 

そして納車までにいくつかの“ギフト”がイタリア本社から送られてきます・・♪

0002

こちらは、フェラーリの世界観の全てがわかる「ウェルカム フェラーリ」キットです!

大変豪華な本革製のファイルで化粧箱・巾着袋に入っております。

とても気になりますね☆

 

 

0003

そして、オーダーしたお車と同じ仕様のミニカーです!

エンブレムからキャリパーの色、内装など細かな部分まで

非常に精巧に再現されています!

 

さらに、セルジオ・マルキオンネ会長からウェルカムレターが届いたりと手厚い

〝おもてなし〟を受けます。

メールアドレスを登録された方にはご自身のお車が作られる様子がメールにて届きます。

やはり、フェラーリという特別な車ですので、このような歓迎は、

注文された方にとってはとても嬉しい対応ですよね。

 

納車まで待ち遠しいですが、このように数々のお楽しみがございます☆

 

0015

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

フェラーリ・テーラーメイド・プログラム

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

フェラーリ・テーラーメイド・プログラムとは・・

0003

特別なお車を望むお客様に向けて開発されました!

 

 

0006

お客様がご自身でお車のインテリア・カラーからキャビン・トリム、アクセサリー、素材、仕上げ、

カラーまでの全てのディテールを自由にセレクトしていただきます!

 

 

0005

素材に関してはラグジュアリーなものからカジュアルで現代的なものまでセレクトできるほか、

カーボンファイバーなどのハイテク・オプションのご用意もございます!

 

 

0007

選任デザイナーが最後までお客様をサポートいたしますのでご安心ください!

フェラーリが考えるお客様のためになるもっとも重要な視点は

〝革新、エレガンス、そして情熱〟

これが、フェラーリ・ブランド・コレクションのコンセプトです!

 

 

0008

フェラーリ・テーラーメイド・プログラム・・

それは世界でたった1台、あなただけのフェラーリを作るプログラムです!

 

 

0002

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

 

 

フェラーリ「ファクトリー・ツアー」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

「ファクトリー・ツアー」は、マラネロ本社にあるファクトリー内を見学できるツアーです!

通常では体験することのできない製造工程をご覧いただいたり、

ファクトリー内でのお食事もお楽しみいただくことができるのです!

 

01

このツアーでは、ファクトリーの敷地内をおよそ3時間半かけて観覧いたします!

エンジンの組み立てやシャシーやボディおよびインテリアの仕上げと組み付けなど、

各モデルを完璧な製品に仕上げる様子をご覧いただくことができます!

 

 

02

フェラーリの最新ラインアップを製造する現場に立ち会うことができるなんて一生の思い出になりますね・・

そしてフェラーリという芸術作品の制作過程を見守るような感動的な体験となるでしょう!

 

特別な時間をお過ごしいただけます☆

 

 

0007

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

 

 

 

60年を超える歴史の中のフェラーリ「365GT4BB」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

本日は、60年を超える歴史の中のフェラーリ「365GT4BB」をまとめてみました!

0001

1973年から1976年にかけて製造販売したスポーツカー「365GT4BB」です。

BBとはベルリネッタ・ボクサーの略で水平対向(ボクサー)エンジンを搭載した

ベルリネッタ(2シータークーペ)です。

フェラーリのロードカーとしてはじめて12気筒エンジンをミッドシップ・レイアウトに

搭載したモデルとして知られています。

“BB” シリーズの中でも最初の365GT4BBは、生産台数387台と最も数が少ないと言われています。

 

 

0003

1973年に発売された365GT4BBは、76年に排気量を拡大した「512BB」へと発展します。

そして180°V型12気筒をミッドシップにマウントという基本は変えずに、

81年には「512BBi」へとマイナーチェンジし、

84年には「テスタロッサ」へとフルモデルチェンジし、

91年に「512TR」、94年に「F512M」へと進化を続けます。

 

 

0005

0007

—————————————————————————————————————-

エンジン:ミッドシップ・180°V型12気筒

排 気 量:4,390cc

変 速 機:5速トランスミッション

馬  力:380hp

最高速度:302㎞/h

全長x全幅x全高:4360×1800×1120mm

※表記によって、スペックは異なることがありますので参考値です。

—————————————————————————————————————-

0006

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

60年を超える歴史の中のフェラーリ「Dino 206 / 246」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

Dino 206 / 246 は、フェラーリが製造した初のミッドシップ2シーター・クーペです!

フェラーリのエンブレムではなく別ブランドとされ、フェラーリ唯一のV型6気筒エンジン搭載市販車です!

ディーノはいくつか車種があるのでなかなか覚えにくいです・・

 

今回は「Dino 206 / 246」をまとめてみました!

 

▼206SP(1965)

①1965_206SP

ディーノ206 SPです!

史上最も美しいレーシングスポーツカーです!

とても綺麗で完璧なプロポーションです!

 

 

▼206 S(1966)

②1966_206S

こちらのモデルの 206 S は、206 SP 直系の発展型になります!

スーパーカー世代には強い衝撃を受けた一台ですね。

 

 

▼206 GT(1967~1969)150台

 

③206_GT

V6、2Lと、フェラーリとしては小排気量のエンジンを搭載した206 GTは、

わずか150台ほどしか生産されなかった希少車です!

いまもなお史上最高のフェラーリと称賛する人も少なくありません・・

———————————————————————————————————

エンジン:V型6気筒DOHC

排 気 量:1,986cc

駆動方式:MR(ミッドシップ横置きエンジン)

変 速 機:5速MT

馬  力:180hp/8,000rpm

全長×全幅×全高:4200×1700×1115(mm)

ホイールベース:2,280㎜

———————————————————————————————————

 

 

▼246 S(1960)(スパイダー)

④1960_246S

2リッター版同様、ディーノ246 Sも同時代の250テスタロッサと同じスタイルをまとっています。

ただ、F1から派生したエンジンを搭載していることが250テスタロッサとの違いでした

 

 

▼246 GT(クーペ)(1969~1974)約2700台

⑤246GT

ディーノ246 GTは、ディーノ206 GTの発展型です。

V6エンジンの排気量が拡大されました。ボディの全長は長くなりましたが、デザインは変わっていません。

外観上の206 GTとの違いは、エンジンカバーが長くなったことと、燃料キャップの位置が移動していること、

この2点だけなのです。現在も根強い人気を誇っています!

 

▼246 GTS(スパイダー)(1969~1974)約1200台

⑥1972_246GTS_2

246 GTのスタイルはそのままで、実用的なタルガトップでオープンをお楽しみいただくというスタイルのモデルです!

タルガトップにも色々ありますが、基本的には手動で屋根のパネルを取り外すものをいいます。

 

個性的で魅力的なディーノは今でも憧れの車です!

246 GTでは約2,700台、246 GTSでは約1,200台、合わせて4,000台ほど生産されたそうです。

 

 

▼246 GT、246 GTS

———————————————————————————————————–

エンジン:V型6気筒

排 気 量:2,419cc

駆動方式:MR(ミッドシップ横置きエンジン)

変 速 機:5速MT

馬  力:195hp/7,600rpm

全長×全幅×全高:4235×1700×1135(mm)

ホイールベース:2,340㎜

———————————————————————————————————–

※表記によって、スペックは異なることがありますので参考値です。

 

Ferrari_Dino-206-GT_STRADA_xMAM5820_6749201

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

 

 

フェラーリのスーパーカーの歴史を飾る「La Ferrari」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

フェラーリのスーパーカーの歴史を飾る「288GTO」、「F40」、「F50」、「エンツォ」、「FXX」に続き、

「La Ferrari」をまとめてみました!

 

▼La Ferrari

0002

コードネーム「F150」として開発されていたラ フェラーリは、フェラーリ初の市販ハイブリッドカーとして

2013年3月のジュネーブショーにてワールドプレミアされました。

エンツォフェラーリの実質的な後継モデルになります。

 

車名の”La”はイタリア語の女性単数名詞につく定冠詞で、英語では”The”にあたります。

 

 

0005

フェラーリの市販車としては、最もアグレッシブなパフォーマンスを発揮し、

さらに先進的で革新的な技術的ソリューションを装備しています。

これらの装備は、将来、他のフェラーリのモデルにも採用される予定です。

 

 

0009

「La Ferrari」は、フェラーリ・プロダクション・モデルとして初めて、800CV / 9,000rpmという最強の

V12エンジンと150CV以上の出力を発生させるエレクトリック・モーターを組み合わせた、

F1由来のハイブリッド・ソリューション-HY-KERSシステム-を装備しています。

 

 

0004

「La Ferrari」のボディには、彫刻的な造形が施されています。

エレガントでありながら、大きなパワーを感じさせる彫刻的なフォルム、

アグレッシブな走りを想起させるホイールアーチ、

さらにコクピット上部から後方へと流れるようなラインは、美しくも革新的な強さを備えた印象を与えます。

 

 

0001

世界限定499台のみが生産される予定でしたが、日本円で約1億6000万円ほどするにもかかわらず、

世界中から1,000人以上の購入希望者が殺到しました。

 

今では3億円以上の値がつくほどの絶大な人気のあるお車の一つです!

さすがファンを魅了するハイブリッド・スーパーカー「La Ferrari」です☆

—————————————————————————————————————————–

エンジン:V型12気筒

排 気 量:6,262cc

駆動方式:MR

変 速 機:7速DCT

馬  力:963hp

最高速度:350km/h

※表記によって、スペックは異なることがありますので参考値です。

—————————————————————————————————————————–

0006

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

フェラーリの歴史を飾るスーパーカー「FXX」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

フェラーリのスーパーカーの歴史を飾る「288GTO」、「F40」、「F50」、「エンツォ」に続き、

「FXX」をまとめてみました!

▼FXX

0007

2005年にエンツォ・フェラーリの走りを突き詰めた存在として29台限定で製作された

究極のドライビング・マシーンがFXXです。

そのネーミングは、エンツォ発表前の愛称だったFXに未知数を意味するXを加えたものです。

ノーマルのエンツォでもずば抜けた性能を発揮しますが、

FXXはフォーミュラ経験のあるプロレーサーでも乗りこなすのが困難とされています。

 

 

0003

インテリアは、まさに走るがためだけの装備しか備わっていません。エアジャッキも標準装備です。

 

 

0019

排気量が6,262ccに拡大すると共にチューニングが施され800hp / 8,500rpmをマークします。

そのパワーを確実に路面へ伝えるためにスリック・タイヤが標準となります。

それだけに公道走行は全く考えておらずサーキット専用に割り切られている、まさに究極の1台です!

 

 

0022

スタイリングこそエンツォのものを引き継ぎますが、その中身は完全にコンペティション・マシーンです。

——————————————————————————————————————————

エンジン:V型12気筒

排 気 量:6,300cc

駆動方式:MR

変 速 機:6速セミAT(F1マチック)

馬  力:800hp/8,500rpm

最高速度:350km/h

※表記によって、スペックは異なることがありますので参考値です。

——————————————————————————————————————————

 

 

0020

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆