スタッフ・ブログ

スタッフ・ブログ

「ベルトーネ」BERTONE

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

「ベルトーネ」BERTONEは、イタリアのカーデザイナーである故ヌッチオ・ベルトーネ によって

1912年に創業したトリノを本拠地とするイタリア最大のカロッツェリア及び企業です。

伝統あるカロッツェリアの中ではピニンファリーナと同じく、成功したグループ企業の1つであります。

 

02

フェラーリのデザインといえばやはり、「ピニンファリーナ」pininfarina と思い浮かびますが、

過去にベネトーネもフェラーリのデザインを手掛けたものがございます。

 

 

03

市販車では、

1973年に発表された「Dino 308 GT4」

 

ベルトーネ独特の直線を基調としたウエッジシェイプのボディーは、ピニンファリーナの

曲線を多用した優雅なスタイルとは異なり、直線を多用したベネトーネの独特なデザインです。

 

そして1976年のトリノ・ショーに出展したコンセプトカー「レインボー」、

1962年に製造された「250GT SWB」の大変貴重なワンオフモデルもデザインしております。

なんとこちらの「250GT SWB」ですが、数か月前に開催されたオークションにて

1716万ドル、日本円にして約19億4000万円で落札されたそうです・・(@_@;)

 

 

そして、デザイナーである故ヌッチオ・ベルトーネは、晩年こう言っていたそうです。

「フェラーリのデザインはピニンファリーナばかりだ。

私がもっとフェラーリのデザインを手掛けたかった」

・・と

 

このように数少ないベルトーネの貴重なフェラーリなのです。

 

04

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

テンション上がる Ferrari アイテム

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

▼Ferrari Japan からこのような物が送られてきました♪

03

いったい何でしょう・・

 

 

01

中身はコチラです୧꒰*´꒳`*꒱૭

展示車などのホイールのセンターキャップの位置を調節するアイテムです!

とても高級感があります♪

 

 

04

逆さまになってしまった可愛そうなキャバリーノ・ランパンテを・・

 

 

05

このように吸い付けて回しますと・・

 

 

07

ちゃんとした位置に合わせることができます♥

 

 

06

一緒に説明書も入っていました!

 

 

02

他のスタッフ達にも見せたらかっこよくて欲しがっていました 笑

(※売り物ではございません)

 

こういったアイテムも〝Ferrari〟だなんてテンションあがります୧꒰*´꒳`*꒱૭

嬉しいですね・・♪

 

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

「ピニンファリーナ」pininfarina

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

ピニンファリーナとは、バッティスタ・ピニン・ファリーナによって1930年に創業した

イタリア最大のカロッツェリア及びグループ企業です。

 

 

▼250 GT 2+2 クーペ

00

イタリアを代表する高級自動車メーカーを中心に数々のブランドのデザインを請け負ってきました。

それでもやはりピニンファリーナといえば、誰もがまず思うのがフェラーリでしょう・・

 

フェラーリ等の高級自動車のデザインを中心に、バイク、自転車などのほか、家具やエスプレッソマシン、

サングラス、時計、靴など幅広い製品のデザインを手がけております。

 

1952年から現在に至るまで多くの魅力的なモデルをデザインしてきました。

記憶に残る数多くのフェラーリのデザインを生み出したピニンファリーナのエンブレムにも歴史がございます。

 

 

▼まずは記憶に新しいこちらのデザイン・・

01

F12 berlinetta(2012)

FF(2011)

458Spider(2011)

458Italia(2009)

California(2008-2013)

599(2006-2012)

612Scaglietti(2004-2011)

 

2000年以降のフェラーリのエンブレムです。

 

 

▼続いてこちらのデザインです・・

04

575マラネロ(2002-2005)

Enzo(2002-2004)

360モデナ(1999-2005)

550マラネロ(1996-2001)

F50(1995-1997)

F430(1987-1992)

 

1980年代後半から2000年にかけてのフェラーリですね・・

 

 

▼こちらはプレートタイプのデザインです・・

07

F355(1994-1999)

512M(1994-1996)

348(1989-1994)

F40(1987-1992)

328GTB(1985-1989)

テスタロッサ(1984-1992)

512BBi(1976-1981)

512BB(1976-1981)

308GTB(1975-1985)

308

288GTO (1984-)

 

1970年代から1990年代にかけての数多くのフェラーリをデザインされてます・・

 

 

▼最後はこちらです・・

06

512TR(1991-1994)

456GT/GTA (1992-)

412(1972-1989)

365GT4・2+2

400

 

私が実際に見たものと、画像で見たものだけなので、その他にもまだあると思います୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

このように時代と共に「ピニンファリーナ」pininfarina のエンブレムも変化してきました。

 

 

09

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

幻のフランス映画「Rendezvous(ランデブー)」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

「Rendezvous(ランデブー)」

最近お客様に教えていただいたのですが、こちらの映画をご存じですか?

 

クロード・ルルーシュ監督の作品で1976年に公開された短編のフランス映画です。

 

04

夜明け前のパリの街中を、凱旋門を正面に見える場所から、

Ferrari 275 GTB がアクセル全開で走り抜けるわずか9分間のドキュメンタリー映画です。

 

 

02

クロード・ルルーシュ監督ご自身の車 Ferrari 275 GTB のフロントノーズに撮影カメラをつけ、

撮影はワンテイクで行われたといいます。ストーリーもナレーションもBGMも一切ありません。

 

赤信号であろうが、人や車にぶつかりそうになろうが、前方をバスや車がふさごうが、

この9分間一度も止まりません。

いくら夜明け前とはいえフェラーリをアクセル全開で走り続けるなんてとても無謀です( ゜Д゜;)

 

 

01

ご覧になったことのある方はよくお分かりになると思いますが、鳴り響くV12エンジンサウンドが

アクセルを最後まで踏みつづけていることがよくわかります。

 

よく事故や怪我人が出なかったかとつくづく思います。

とても怖いです・・

 

結局は撮影後に監督のクロード・ルルーシュはパリ警察に逮捕されたようです。

当然この無謀な運転に批判が殺到し、映画公開後すぐに上映禁止となったそうです・・

 

ちなみに、このフェラーリを運転した人物は監督本人と語っていたそうですが、
1955年モナコGPでフェラーリで優勝したF1ドライバーのモーリス・トランティニアンだったという説も…

その辺りの真相は曖昧です…

 

 

07

ではいったい何のためにこのような無謀な運転をしたのでしょうか?

しっかり理由がございます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

その答えは・・

 

ご興味のある方は是非ご覧ください。

YouTube でもご覧いただけるようです。

 

フランスの巨匠「クロード・ルルーシュ」の短編映画「Rendezvous(ランデブー)」でした。

 

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように

 

 

フェラーリ 50周年記念ロゴステッカー

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

今年2016年が日本における、フェラーリ50周年というい節目の年であることを記念に、

ロゴが製作され、先月の「フェラーリ・レイシング・デイズ」にてお披露目がございました。

 

今回その記念ロゴのステッカーが届きましたので是非ご覧ください♪

 

02

「50 years Ferrari Japan」という文字に、フェラーリの象徴〝跳ね馬〟

そして日本の国旗をモチーフとしたこちらの記念ロゴ!!

和の雰囲気に包まれたキャバリーノ・ランパンテもとても素敵です୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

04

 

05

ロゴのデザイン・コンセプトは『魂と精神』で、フェラーリが日本という国と日本の人々との間に

独自に確立してきた大切な関係が反映されています。

 

「魂」は日本文化の柱となる要素で、日本の人々の心のなかには強い情熱、炎が赤く燃えています。

日本人一人ひとりが持っている美しい「精神」は、シンプルかつパワフルなストロークで表現されています。

 

 

日本の50周年記念にふさわしいフェラーリのロゴです☆

是非実際にご覧くださいませ・・

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

LEGO スクーデリア・フェラーリ・トラック

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

本日は可愛い LEGO をご覧ください!

 

01

人気シリーズの LEGO チャンピョン〝F14 T & スクーデリア・フェラーリ トラック〟

こちら、セールス〝Tさん〟が最近購入されたそうで完成品をお披露目しちゃいます!

 

 

08

車体の全長は 40㎝ くらいという、手にとってみると圧倒的な長さのフェラーリ・コンテナです!!

フェラーリの色鮮やかな車体がとてもかっこいいです!

 

 

04

トレーラーを切り離して屋根と横を広げるとコンテナの前部はクルーの部屋!!

フル装備の工具とコンピューター画面など色々な装置が出てきます。

 

 

05

後部はF1マシンのガレージに!

後部ハッチを下げて、スタートボタンをオンにしたら、F14 T がスロープを下りてきます。

 

 

02

さて、F1マシンの「F14 T」の登場です♪

 

 

03

ミニフィギュアは、ドライバー、チームトラックの運転手、4人のチームクルーの6体という、

たくさんの仲間が入っていて嬉しいですね♪

 

 

06

キャビンの屋根を開けて、トラックの運転手を運転席に乗せます。

運転手さんのこの表情・・笑

とても楽しそうで可愛らしいです♪

 

セールス〝Tさん〟完成までなかなか苦戦されたようです。

数が多くて細かいステッカーを貼る作業が大変だったようです。

 

小さいお子様から大人まで楽しめるLOGOシリーズ!

フェラーリ・シリーズ、集めたくなってしまいますね୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

BLOG

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

GRIGIO INGRID(グリジオ・イングリッド)

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

〝GRIGIO INGRID(グリジオ・イングリッド)〟

 

こちらのボディーカラーをご存じですか?

以前ボディーカラーのブログの中でチラッとご紹介いたしましたが、

本日はこのカラー名の由来を見てみたいと思います・・

 

〝GRIGIO INGRID(グリジオ・イングリッド)〟とは・・

 

03

薄いシャンパン・ゴールドのようなカラーです。

 

「GRIGIO(グリジオ)」とはイタリア語でグレー、

「INGRID(イングリッド)」とは女優のイングリッド・バーグマンのことです。

 

 

04

1954年にイタリアの映画監督であったロベルト・ロッセリーニが、

当時の妻であった女優イングリッド・バーグマンに贈ったフェラーリ・・

その車体の色が彼女の瞳の色、

 

イングリッド・バーグマンの瞳〟

 

08

名台詞の「君の瞳に乾杯」で知られる映画『カサブランカ』で乾杯された瞳の色だそうです。

それ以降フェラーリに塗られるこのカラーは

「GRIGIO INGRID(グリジオ・イングリッド)」と呼ばれているのだそうです。

 

綺麗な瞳の彼女の名前からとはロマンチックですね

とても美しい女性だったのでしょう・・

 

ちなみにこちらの名台詞・・

アメリカ映画協会 (AFI)選定の 「アメリカ映画の名セリフベスト100(2005年)」

にランクインしています。

第5位 ”Here’s looking at you, kid.”「君の瞳に乾杯」

 

 

02

そして、彼女に捧げられた一台が、

「Ferrari 375 MM」バーグマンモデル、ワンオフモデル(特別な一台製作車)です。

とてもセクシーなデザインのクーペで、フェラーリらしさ溢れる一台です。

 

 

10

612スカリエッティは、この「Ferrari 375 MM」へのオマージュとして造られたことでも有名です。

 

 

11

こちらのグリジオ・イングリッドの「Ferrari 375 MM」!!

お客様からお借りした限定品のミニチュアカーですが、たまたまお店で見つけて速買いされたそうです!

貴重な品を見せていただき、誠にありがとうございました୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

09

〝GRIGIO INGRID(グリジオ・イングリッド)〟

こちらのカラー、ぜひ一度ご覧になってみては☆

 

 

12

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ・ワールド・アブダビに「フライング・エース」デビュー

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

フェラーリ・ワールド・アブダビに記録を塗り替える究極のジェットコースター

「フライング・エース」がデビューいたしました。

 

01

この複葉機をテーマにしたアトラクションは、世界で最も高い52m のループと最も急勾配の

51度の最速ケーブルリフトを備えており、この新しい複葉機がテーマのジェットコースターは、

1.5kmのトラックに沿って120kmphの速度に達する刺激的な135秒間の究極の肝試しです。

このコースターは、重力に逆らう究極のアクロバット飛行(非反転ループを含む)

による急激な捻りと旋回を再現し、アドレナリンを十分に刺激する体験が可能です。

私は、動画を見ただけで目がグルグルと回ってしまいました 笑 ⇓

 

フェラーリ・ワールド・アブダビに「フライング・エース」公開です♪

 

 

02

デビューを記念して、Ferrari California TXIII SPAD 複葉機に正面から挑むという、

ライブアクション満載のショーの様子です。

空で披露された見事なアクロバット飛行を来場者は満喫されたようです。

 

 

04

フェラーリ・ワールド・アブダビは、

世界初となるフェラーリの名を冠した世界最大の屋内テーマパークです。

 

 

05

フェラーリから発想した乗物やアトラクションから、

世界最大のフェラーリストア、豊富なメニューのイタリア料理にいたるまで、

すばらしいラインナップを取り揃えています。

お一人様からご家族と、さまざまにお楽しみいただけます。

 

 

06

そして世界でも最先端の技術レベルを誇るモーター・スポーツ・サーキット

「ヤス・マリーナ・サーキット」も隣接しています。

 

いよいよ開催が迫る2016 F1 グランプリ !!

11月27日の最終戦として開催される〝F1 アブダビ GP〟の聖地でもあります!

 

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように

 

 

NARDI(ナルディ)/ MOMO(モモ)

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

前回のブログでナルディというステアリングホイールのメーカーのお話をいたしましたが、

本日はその続きをしたいと思います☆

 

フェラーリのステアリングホイールの歴史には大きな影響を残した人物が二人います。

 

08

エンリコ・ナルディ(ENLICO NARDI)

1930年代末のスクーディア・フェラーリの設立初期からエンツォの協力者で、

テストドライバーの一人でもありました。

世界の高級車とレーシングカー向けの美しい木製のステアリングホイールを製造する

NARDI(ナルディ)は、イタリアに本社を置く老舗ステアリングメーカーです。

 

完璧なバランスと生粋のエレガンスが漂うナルディのステアリングホイールは、

いまなおイタリアの職人による優れた手工業品の象徴です。

 

他にもシフトノブなども製造しており、船舶用のステアリングも販売しているようです。

 

 

09

ジャンピエロ・モレッティ(Gianpiero Moretti

イタリアのMOMO(モモ)社創業者であり、レーシングドライバーとして

スポーツカーレースへの参戦を続けたモレッティは、アメリカを中心に活躍しました。

名前の由来は、モレッティ・モンツァの略だそうです。

ステアリングをはじめ、ヘルメット、アルミホイールなどを製作する会社へと進化を遂げました。

 

グリップがより分厚く小径のレース用ステアリングホイールは

ドライバーにダイレクトな操作感覚を提供することでます。

日本の自動車メーカーにも採用の実績がある信頼のブランドであり、

「モモステ」なんて愛称で親しまれていますね☆

 

 

10

ナルディとモモの違い・・

両ブランド共に歴史的にも品質的にも高く評価されております。

個人的には、クラシックカーに似合う、ファッショナブルなデザインで、

きわめてハイレベルな職人であり続けたナルディとは対照的に、

工業的産業に移行し合金製ホイールで、製品のラインナップを広げてきたモモは、

どちらかというとレースシーンで使う、機能性を重視したデザインを感じ取れます。

 

どちらのブランドもメーカーとしてのプライドが感じられとても興味深いです☆

 

 

11

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ ステアリングホイール

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです!

 

フェラーリのステアリングホイールの機能は技術革新とともに変化してきました。

 

操作の快適さはもちろんのこと、高級車とスポーツカーにおいては、特に美的機能が重視されます。

多機能で美しく、デザインに優れたステアリングホイールを求められるようになっていきました。

 

01

こちらはイタリアの職人芸の逸品とも呼ぶべき、初期の木製ステアリングホイールです。

ナルディのステアリングホイールに見る優雅で洗練されたデザインです。

外枠は高級木材が使用されております。

 

ナルディとはイタリアに本社を置く老舗ステアリングメーカーです。

こちらに関しては後日ということで☆

 

 

02

そして木製からまもなく、外側は旧来の木材で覆われてはおりますが

芯は金属製の製品へと変化し、化学素材が用いられるようになりました。

 

 

04

そしてこちらが F430 から大きく変化したステアリングホイールです。

 

F1からフィードバックされた技術を使用し、

ステアリングホイールの左下にスタートボタン、

右下には走行モード切り替えスイッチ「マネッティーノ」があり、

裏側には2本のパドルが備わっております。

 

 

05

こちらは、かなりスクエアなデザインに変化した La Ferrarri のステアリングホイールです。

両サイドのグリップは非常に高剛性なつくりになっております。

La Ferrarri  のステアリングホイールは以前までのマシンと比べると

サイズが小さく超軽量で、複雑の操作ボタン類と、多機能な操作ボタン類と、

おもなセッティング用の「マネッティーノ」が複数配置されております。

 

 

06

F1マシンのステアリングは、ますます狭くなっていくコクピット内部のスペースの問題から、

ステアリングのフォルムを変え、以前よりもずっと角張っていて、

外枠の上部と下部がないデザインです。

内側にはマシンの高性能を活かすためにより正確で機能的な運転を可能とする

操作ボタン類が数多搭載されるようになっていきました。

 

進化し続けるフェラーリのステアリングです☆

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆