スタッフ・ブログ

スタッフ・ブログ

フェラーリの車名にある「4」の意味すること

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

フェラーリには車名に「4」が入っているものがいくつかございますが、

その意味はそれぞれです。

 

例えば・・

GTC4LUSSO

GTC4LUSSO : 4駆と4シーター

 

 

308GT4_1973

308GT4(1973)  : 4シーター

 

 

208GT4_1975

208GT4(1975)  : 4シーター

 

 

275GTB4_1966

275GTB4 ベルリネッタ(1966) : 4カムシャフト

 

 

365GT4BB_1971

365GT4BB(1971) : 4カムシャフト

 

 

365GTC4_1971

365GTC4(1971) : 4カムシャフト

 

 

365GTB4

365GTB4 デイトナ : 4カムシャフト

 

4カムシャフト

DOHCなので片バンクに2本のカムシャフトで合計4本になります

 

DOHC (ディーオーエィチシー)

Double OverHead Camshaft(ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト)の略で、

レシプロエンジンにおける吸排気弁機構の形式の一つです。

 

他にもあるかも知れませんが、フェラーリの車名にある「4」とは、

4座、4カム、4駆の3種が存在しているようです୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

00

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

第2弾 イタリア研修〝モデナの街並み〟

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

セールス〝Nさん〟がイタリア研修に行ったときの様子を3回に分けてお届けしております♪

 

フェラーリの本拠地モデナは、町全体がフェラーリ一色という華やかなイメージを想像しますが、

のどかで素朴な一面もある街だそうです。

 

モデナ独特の建物や街並み、世界遺産をご紹介いたします୧꒰*´꒳`*꒱૭♪

 

03

モデナの中心にあるモデナ大聖堂です!!

ヨーロッパで重要なロマネスク建築の代表で、1997年に世界遺産に登録されました。

 

ロマネスク様式とゴシック様式が混在するモデナ大聖堂はもちろん必見ですが、

大聖堂の東から南に広がるグランデ広場も有名です!

かつては裁判、演説、また処刑の場ともなったようですが、今も昔も変わらないのは月に1度、

祭りの場として住民が集まる町の中心的存在となっているそうです。

 

 

04

こちらはモデナ大聖堂周辺のレストランです♪

キャンドルやライトアップの演出がとても綺麗ですね୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

07

やはりイタリアにはオシャレなカフェがたくさんございます♪

ティータイムはもちろん、ディナータイムと色々な雰囲気を味わえますね!

 

 

05

そしてこのモデナの街並みを歩くと感じるのが建物の美しさです*॰ंْ✧*ْ

 

 

02

フィレンツェが大理石を主としたグレーの建物で統一されており、

フェラーラが赤茶けたレンガ色の壁で統一されているのに対して、

モデナの建物の壁の色は、黄色、オレンジといった明るいカラーの街並みだそうです。

 

フェラーリ一色の街の雰囲気に、風情溢れる街並みを楽しみ、素敵なカフェで一息ついて・・

お洒落ですね

 

ミュージアムのレポートは第3弾でのお楽しみに୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

第1弾 イタリア研修 マラネロ〝Ristorante MONTANA〟(リストランテ・モンタナ)

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

〝Ristorante MONTANA(リストランテ・モンタナ)〟をご存じですか?

マロネロ本社正門から車で5分ほどにあるレストランです!

 

 

01

先日、セールス〝Nさん〟がマラネロ本社に研修に行ってきましたv(´∀`○)ノ

その時にお食事をしたレストラン〝Ristorante MONTANA(リストランテ・モンタナ)〟

の店内の様子をご紹介いたします♪

 

 

05

〝Ristorante MONTANA(リストランテ・モンタナ)〟は料理・サービスも素晴らしく、

外観も店内もオシャレな雰囲気のフェラーリ公認レストランです。

 

歴代のフェラーリドライバーやF1関係者が通う名店であり、

ミハエル・シューマッハがこよなく愛したお店でも有名です୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

07

店内には歴代のフェラーリドライバーのサイン、ヘルメットやパーツなどが多く飾られていて

フェラーリファンには見逃せない魅力で一杯です。

 

 

09

マフラーが何本も吊るされているライトがなんとも斬新です。

レーシング・スーツなども飾られています。

 

 

04

こちらはカウンターでしょうか・・♪

こちらにも色々なフェラーリ・グッズが飾ってあります!!

 

 

03

店内の装飾品を見るだけでも価値あるレストランです。

館内は自由に見学できるそうですよ♪

 

フェラーリファンならずとも、マラネッロに訪れたら一度は行ってみたいですね!!

名店だけあって店内は満席(お食事時は特に)で何組か待っている方がいたそうなので、

モンタナに行く際には予約をすると Good だそうです♪

私も行ってみたいです~

 

セールス〝Nさん〟のイタリア研修の様子は3回に分けてご紹介いたします♪

第2弾 マラネロの街並み

第3弾 フェラーリ・ミュージアム

 

こちらもお楽しみに୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

10

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

フェラーリ・クラシケ(CLASSICHE)鑑定書が発行されるまで

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

フェラーリ・クラシケ」とは・・

クラシック・フェラーリを末永く保つためのサポート・プログラムです。

クラッシック・フェラーリのオーナー様に対するレストア、

メンテナンスサービス、技術的なアシスト、そして鑑定書を発行する目的で

2006年7月に当時の社長であったルカ・ディ・モンテゼモーロ氏の方針で設立されました。

 

フェラーリ・クラシケ鑑定書を申請するには・・ (・ω・`)?

 

日本にあるフェラーリ正規ディーラーで申請を行うことが出来ますが、

新車時のオリジナルの状態を保っている事が条件となります。

 

 

 

02

最初に申請車両のIDとなるシャシーナンバーを確認します。

フェラーリ正規サービス・ファクトリーで、車両の各部、エンジン回りを確認し、

補機類等の付属品がオリジナルかをチェックしていきます。

オリジナルエンジンを搭載しているかは、エンジンナンバーでチェックできます。

 

 

04

確認したら車両をリフトアップして下からのフレームやサスペンションのほか、

パワートレインがオリジナルかをチェックします。

 

 

01

申請する車両は、フェラーリ・クラシケが定めるポイントを入念に撮影していきます。

撮影は車両をリフトアップしてシャシーやサスペンション、

パワートレイン下部にも及ぶ数十枚に及ぶ写真を撮ります。

部位、角度はすべて決まっているので、少しで違えば、

何回も撮り直したり車両の位置や角度を変えたりと、非常に時間がかかります。

 

 

05

申請書と必要な写真がすべて揃ったところでマラネロのフェラーリ・クラシケ本部に送ります。

本部に届いた申請書は、当時のオリジナルであることの確認が厳格に行われます。

 

もしオリジナルではない部分があって認定されなかった場合は、

その部分をディーラーで修正して再申請いたします。

 

そしてようやくクラシケ・コミッティの承認を得たら、赤いバインダーに収められた鑑定書が作成され、

申し込んだ正規ディーラーに届けられ、オーナー様へと手渡しされます୧꒰*´꒳`*꒱૭

バインダーの中には鑑定書や申請時に撮影した写真のほか、クラシケのバッジも付属されております。

 

申請をしてから鑑定書が届けられるまでにはかなり厳しい道のりですが、

それだけ鑑定書の信頼性が高いことが見受けられます。

 

 

07

対象となる車両は、生産から20年以上経過している他、F1等のレーシングカー、

288GTOからF40、F50、エンツォ・フェラーリ、ラ フェラーリ。

599GTO、SAアペルタ、スクーデリア・スパイダー16Mから458スペチアーレAなどの、

特別限定車は生産年に関わらず対象となります。

鑑定費用はモデルによって異なります。

 

詳細はフェラーリ 横浜 サービス・センター(045-948-2030)または、

フェラーリ 横浜 認定中古車ショールーム(フリーダイヤル:0120-348-250)

までお問い合わせください。

 

 

00

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

「ベルトーネ」BERTONE

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

「ベルトーネ」BERTONEは、イタリアのカーデザイナーである故ヌッチオ・ベルトーネ によって

1912年に創業したトリノを本拠地とするイタリア最大のカロッツェリア及び企業です。

伝統あるカロッツェリアの中ではピニンファリーナと同じく、成功したグループ企業の1つであります。

 

02

フェラーリのデザインといえばやはり、「ピニンファリーナ」pininfarina と思い浮かびますが、

過去にベネトーネもフェラーリのデザインを手掛けたものがございます。

 

 

03

市販車では、

1973年に発表された「Dino 308 GT4」

 

ベルトーネ独特の直線を基調としたウエッジシェイプのボディーは、ピニンファリーナの

曲線を多用した優雅なスタイルとは異なり、直線を多用したベネトーネの独特なデザインです。

 

そして1976年のトリノ・ショーに出展したコンセプトカー「レインボー」、

1962年に製造された「250GT SWB」の大変貴重なワンオフモデルもデザインしております。

なんとこちらの「250GT SWB」ですが、数か月前に開催されたオークションにて

1716万ドル、日本円にして約19億4000万円で落札されたそうです・・(@_@;)

 

 

そして、デザイナーである故ヌッチオ・ベルトーネは、晩年こう言っていたそうです。

「フェラーリのデザインはピニンファリーナばかりだ。

私がもっとフェラーリのデザインを手掛けたかった」

・・と

 

このように数少ないベルトーネの貴重なフェラーリなのです。

 

04

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

テンション上がる Ferrari アイテム

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

▼Ferrari Japan からこのような物が送られてきました♪

03

いったい何でしょう・・

 

 

01

中身はコチラです୧꒰*´꒳`*꒱૭

展示車などのホイールのセンターキャップの位置を調節するアイテムです!

とても高級感があります♪

 

 

04

逆さまになってしまった可愛そうなキャバリーノ・ランパンテを・・

 

 

05

このように吸い付けて回しますと・・

 

 

07

ちゃんとした位置に合わせることができます♥

 

 

06

一緒に説明書も入っていました!

 

 

02

他のスタッフ達にも見せたらかっこよくて欲しがっていました 笑

(※売り物ではございません)

 

こういったアイテムも〝Ferrari〟だなんてテンションあがります୧꒰*´꒳`*꒱૭

嬉しいですね・・♪

 

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

「ピニンファリーナ」pininfarina

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

ピニンファリーナとは、バッティスタ・ピニン・ファリーナによって1930年に創業した

イタリア最大のカロッツェリア及びグループ企業です。

 

 

▼250 GT 2+2 クーペ

00

イタリアを代表する高級自動車メーカーを中心に数々のブランドのデザインを請け負ってきました。

それでもやはりピニンファリーナといえば、誰もがまず思うのがフェラーリでしょう・・

 

フェラーリ等の高級自動車のデザインを中心に、バイク、自転車などのほか、家具やエスプレッソマシン、

サングラス、時計、靴など幅広い製品のデザインを手がけております。

 

1952年から現在に至るまで多くの魅力的なモデルをデザインしてきました。

記憶に残る数多くのフェラーリのデザインを生み出したピニンファリーナのエンブレムにも歴史がございます。

 

 

▼まずは記憶に新しいこちらのデザイン・・

01

F12 berlinetta(2012)

FF(2011)

458Spider(2011)

458Italia(2009)

California(2008-2013)

599(2006-2012)

612Scaglietti(2004-2011)

 

2000年以降のフェラーリのエンブレムです。

 

 

▼続いてこちらのデザインです・・

04

575マラネロ(2002-2005)

Enzo(2002-2004)

360モデナ(1999-2005)

550マラネロ(1996-2001)

F50(1995-1997)

F430(1987-1992)

 

1980年代後半から2000年にかけてのフェラーリですね・・

 

 

▼こちらはプレートタイプのデザインです・・

07

F355(1994-1999)

512M(1994-1996)

348(1989-1994)

F40(1987-1992)

328GTB(1985-1989)

テスタロッサ(1984-1992)

512BBi(1976-1981)

512BB(1976-1981)

308GTB(1975-1985)

308

288GTO (1984-)

 

1970年代から1990年代にかけての数多くのフェラーリをデザインされてます・・

 

 

▼最後はこちらです・・

06

512TR(1991-1994)

456GT/GTA (1992-)

412(1972-1989)

365GT4・2+2

400

 

私が実際に見たものと、画像で見たものだけなので、その他にもまだあると思います୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

このように時代と共に「ピニンファリーナ」pininfarina のエンブレムも変化してきました。

 

 

09

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

幻のフランス映画「Rendezvous(ランデブー)」

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

「Rendezvous(ランデブー)」

最近お客様に教えていただいたのですが、こちらの映画をご存じですか?

 

クロード・ルルーシュ監督の作品で1976年に公開された短編のフランス映画です。

 

04

夜明け前のパリの街中を、凱旋門を正面に見える場所から、

Ferrari 275 GTB がアクセル全開で走り抜けるわずか9分間のドキュメンタリー映画です。

 

 

02

クロード・ルルーシュ監督ご自身の車 Ferrari 275 GTB のフロントノーズに撮影カメラをつけ、

撮影はワンテイクで行われたといいます。ストーリーもナレーションもBGMも一切ありません。

 

赤信号であろうが、人や車にぶつかりそうになろうが、前方をバスや車がふさごうが、

この9分間一度も止まりません。

いくら夜明け前とはいえフェラーリをアクセル全開で走り続けるなんてとても無謀です( ゜Д゜;)

 

 

01

ご覧になったことのある方はよくお分かりになると思いますが、鳴り響くV12エンジンサウンドが

アクセルを最後まで踏みつづけていることがよくわかります。

 

よく事故や怪我人が出なかったかとつくづく思います。

とても怖いです・・

 

結局は撮影後に監督のクロード・ルルーシュはパリ警察に逮捕されたようです。

当然この無謀な運転に批判が殺到し、映画公開後すぐに上映禁止となったそうです・・

 

ちなみに、このフェラーリを運転した人物は監督本人と語っていたそうですが、
1955年モナコGPでフェラーリで優勝したF1ドライバーのモーリス・トランティニアンだったという説も…

その辺りの真相は曖昧です…

 

 

07

ではいったい何のためにこのような無謀な運転をしたのでしょうか?

しっかり理由がございます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

その答えは・・

 

ご興味のある方は是非ご覧ください。

YouTube でもご覧いただけるようです。

 

フランスの巨匠「クロード・ルルーシュ」の短編映画「Rendezvous(ランデブー)」でした。

 

 

08

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように

 

 

フェラーリ 50周年記念ロゴステッカー

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

今年2016年が日本における、フェラーリ50周年というい節目の年であることを記念に、

ロゴが製作され、先月の「フェラーリ・レイシング・デイズ」にてお披露目がございました。

 

今回その記念ロゴのステッカーが届きましたので是非ご覧ください♪

 

02

「50 years Ferrari Japan」という文字に、フェラーリの象徴〝跳ね馬〟

そして日本の国旗をモチーフとしたこちらの記念ロゴ!!

和の雰囲気に包まれたキャバリーノ・ランパンテもとても素敵です୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

04

 

05

ロゴのデザイン・コンセプトは『魂と精神』で、フェラーリが日本という国と日本の人々との間に

独自に確立してきた大切な関係が反映されています。

 

「魂」は日本文化の柱となる要素で、日本の人々の心のなかには強い情熱、炎が赤く燃えています。

日本人一人ひとりが持っている美しい「精神」は、シンプルかつパワフルなストロークで表現されています。

 

 

日本の50周年記念にふさわしいフェラーリのロゴです☆

是非実際にご覧くださいませ・・

 

07

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

 

 

LEGO スクーデリア・フェラーリ・トラック

カテゴリー:Ferrari Story


皆様、おはようございます☆

中古車ショールーム受付Kです*॰ंْ✧*ْ

 

本日は可愛い LEGO をご覧ください!

 

01

人気シリーズの LEGO チャンピョン〝F14 T & スクーデリア・フェラーリ トラック〟

こちら、セールス〝Tさん〟が最近購入されたそうで完成品をお披露目しちゃいます!

 

 

08

車体の全長は 40㎝ くらいという、手にとってみると圧倒的な長さのフェラーリ・コンテナです!!

フェラーリの色鮮やかな車体がとてもかっこいいです!

 

 

04

トレーラーを切り離して屋根と横を広げるとコンテナの前部はクルーの部屋!!

フル装備の工具とコンピューター画面など色々な装置が出てきます。

 

 

05

後部はF1マシンのガレージに!

後部ハッチを下げて、スタートボタンをオンにしたら、F14 T がスロープを下りてきます。

 

 

02

さて、F1マシンの「F14 T」の登場です♪

 

 

03

ミニフィギュアは、ドライバー、チームトラックの運転手、4人のチームクルーの6体という、

たくさんの仲間が入っていて嬉しいですね♪

 

 

06

キャビンの屋根を開けて、トラックの運転手を運転席に乗せます。

運転手さんのこの表情・・笑

とても楽しそうで可愛らしいです♪

 

セールス〝Tさん〟完成までなかなか苦戦されたようです。

数が多くて細かいステッカーを貼る作業が大変だったようです。

 

小さいお子様から大人まで楽しめるLOGOシリーズ!

フェラーリ・シリーズ、集めたくなってしまいますね୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

BLOG

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

今日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆